FC2ブログ

今日のあの頃、あの頃の今日

2018 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

一路八日市へ

2014/07/01(Tue) 20:00
IMG_2282.jpg
近江鉄道本線 五箇荘 EOS kissX2 TAMRON SP 18-250mm F3.5-6.3

長い直線を加速していきます。
スポンサーサイト
ガチャコン コメント:0 トラックバック:-

水口に佇む単車

2013/12/15(Sun) 20:00
東近江の小都市を結ぶ近江鉄道本線

この地を17mの小さい電車が走っています。

IMG_1874.jpg
近江鉄道 水口 EOS kissX2 TAMRON SP 18-250mm F3.5-6.3

この日は初めてこの220形を狙いに水口駅へ訪れてみました。

趣ある駅舎にかわいい単車

もっと狙っていきたいですね~

ガチャコン コメント:0 トラックバック:-

初の近江鉄道ミュージアム part5

2012/10/19(Fri) 20:00
今回でパート5になる近江鉄道ミュージアムの記事ですがこれで最後です。


IMG_0669.jpg

こちらはロコ1100です。

詳細は毎回おなじみのwikipediaさんで

生涯入換に身を捧げたキングオブ入れ換え機です。

あのDD13やDE10、DE11なんか屁じゃありません。

HD300もこの入換の生きる伝説に挨拶に来ないとは飛んだ無礼者です。

というぐらい優秀な入換専用機だそうです(笑)

まぁ外観がかわいいです。


IMG_0688.jpg

中は高速遮断機などが置いてある関係で案外せまいです。

そして入換機らしく運転席は横を向いています。


マスコンがこんなボロボロなのにまだ普通に動くことが流石戦前最強電鉄会社の阪和電軌道の車両である所以かもしれません(笑)


そんなこんなで一時間程のんびり滞在しておりました。

いやはや素晴らしい釜達を独占(ある意味)出来、非常に有意義な時間が過ごせました。

この釜達はもう走ることが無いのが残念ですが、こうして残されていることに近江鉄道の愛が感じられます。

皆さんも是非この近江鉄道ミュージアムに訪れて、そして日本一運賃が高くロングシートで夏は車内で昆虫と戯れることが出来るガチャコン電車に乗ってみてください(笑)



ガチャコン コメント:0 トラックバック:-

初の近江鉄道ミュージアム part4

2012/10/18(Thu) 20:00
というわけで次は装甲車ことED31の登場です。

ED31についてはwikipediaさんにお聞きください。

IMG_0663.jpg

私鉄の機関車の中では圧倒的な存在感を誇ると思います。

私もガチャコンの機関車と言えば、まずこのED31が思い浮かぶほどです(笑)

因みに後ろに映っているのはこれまた貴重なLECar

IMG_0654.jpg

いやもう圧倒的です。

ボンネット上の窓から機銃が出てきても全くおかしくないほど装甲車です(笑)

IMG_0664.jpg

後ろにもED31が展示されており、窓の形が違うのがよく分かると思います。

因みにこの他にも二機ED31が存在しますが、LEcarの後ろに留置されています。

というわけでこのED31の車内へ入ってみましょう。

IMG_0693.jpg

はい

運転席かなり小さいです。

キャブ自体は普通に大きいのですが、運転席が異常に小さいです。

まるで路面電車の運転席みたいな感じで先ほどのED14とは大違いです。

そして視界は言うまでもなく最悪です(笑)

車に例えるとプリウスの後ろより見にくいです(笑)

そして最も驚いたのがワイパーが手動式ということ!

これ運転中にブレーキから手を離してキコキコやってたのでしょうか・・・


流石90歳をもうすぐ迎えるご老人です。


IMG_0701.jpg

赤煙筒が入っているケースの中には滋賀大社のお守りが

現役時代に無事故を祈って誰かがいれたのでしょうか

外観はピカイチですが中はダメダメなED31

こんなのが走ってたらEF65そっちのけで撮影しているかもしれないです(笑)

ガチャコン コメント:0 トラックバック:-

初の近江鉄道ミュージアム part3

2012/10/17(Wed) 20:00
お次はED14の1号機と2号機、そして3号機です。

IMG_0662.jpg

同じ釜なのに色々と違ってて面白いですよね~

1号機は昔除雪車代わりに使われてたのでスノープローついてます。

そして2号機はナンバープレートが中央

個人的に茶色の国鉄色より、この近江鉄道色の方が断然好きです!

水色に黄色帯とはおしゃれです。

IMG_0667.jpg

こちらは3号機のサイドビュー


IMG_0710.jpg

原型の明かり窓が残っているのが大きな特徴です。

因みに近江の釜で唯一のGE製のED14は今年で86歳を迎えますが、実は他の国産の電気機関車も同じくらいの年齢だったりします。

輸入電気が最高齢と思いきやあんまり変わらないんです。

というわけで1号機の車内へ入ってみます。

IMG_0703.jpg

基本的に4号機と変わりませんが、こちらは本当にくたびれている感じです。


IMG_0706.jpg

この手書きに味があります。

IMG_0709.jpg

助手席に座って逆エンドを見てみました。

この機械室の通路が狭くてビックリ

普通に服が機器に触れてしまい、汚れてしまいました(笑)

IMG_0707.jpg

出発進行!彦根発車!

と言ってしまいそうな運転席からの展望

想像してた以上に狭い運転席でした。

でも戦前のイギリス生まれの機関車の運転席に日本の平成生まれの凡人が座っているのが何か凄いです(笑)
ガチャコン コメント:0 トラックバック:-

初の近江鉄道ミュージアム part2

2012/10/16(Tue) 20:00
というわけで機関車を見ていきます。

IMG_0651.jpg

ED14の4号機


この時だけ晴れていました。

ED14については私よりもwikipedia様にお聞きした方が宜しいと思います。

IMG_0674.jpg

いやはや歴史を感じさせます。

そしてこの近江鉄道ミュージアムの凄いところは車内に入れること!

(といっても一応危険みたいな札がステップに付けてあるんですが、家族連れが入っているのを係の人は全くお咎めしてなかったので私も入ってみました)

という訳で中央の扉から入っていきます。

IMG_0675.jpg
運転席です。

ブレーキや、シートが比較的奇麗なのが動態であることを伺わせます。

IMG_0681.jpg

数々の運転士達が握ってきたマスコンハンドル

流石に動きませんでしたが運転席に座りマスコンを握ってみると

30年前、国鉄から継走してきた貨車を後ろに引きつれ、多賀大社の先まで乗務する運転士の気分を味わうことが出来ました(笑)


ああ・・・

現役時代を見てみたかった・・・
ガチャコン コメント:0 トラックバック:-

初の近江鉄道ミュージアム part1

2012/10/15(Mon) 20:00
敦賀公開では無いけど撮影会に行こう!

そう、近江鉄道ミュージアムです。

ほぼ毎月開催されている撮影会なのですが開催され過ぎて認知度がかなり低い気がします。

地元の私もまさか2007年以降開催されていることを知りませんでした(笑)

以下EOS kissX2 TAMRON SP 18-250mm F3.5-6.3 で撮影


入る前にまず入場券200円を買います。


IMG_0690.jpg
こちらが入場券(家に帰ってアイポンで撮影しました)

硬券です。

因みに自分でスタンプ(日付入れるやつ)とパンチで穴を空けることが出来ます。

これらの使い方が分からなくて係りの人に知識を教えてもらいながらやりました(笑)

それにしても社員さんが朗らかな人でした。

これぞガチャコン魂


というわけで早速機関車を見に構内へ

といっても外から普通に見えるというか撮影出来ます(笑)

IMG_0650.jpg

こちらが今日の配置

ED14揃い踏みです。

いやはや電気機関車好きにとってはパラダイス!

しかし撮影者は私だけで他に家族連れが一組・・・

大盛況の敦賀に比べてこじんまりとしてますが、個人的には最高です!

しかし5年前に開場した時は塗装が塗り替えられてピカピカだったのですが・・・

5年前のED40がある時に来たかった・・・
ガチャコン コメント:0 トラックバック:-
 Home 

Profile

からし

Author:からし
年齢:あらさー\(^o^)/
生息地:えいとぷりんす
機材:D300s、XQ2
過去、現在、とりあえず撮影したものを載せています。

Clock

Visiter

Recently

Calender

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Month

Categoly

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。