今日のあの頃、あの頃の今日

2011 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

Column 59-惜別 115号機&1129号機

2011/12/22(Thu) 20:00
忙しい日々が続いており、全く更新出来ず申し訳ないです。

撮影も行きたいですが暇も無いですし、何より寒過ぎて外出する気にもなれないのが実状です。


さて最近続いている岡機65の廃回

118号機を筆頭に108号機、100号機と続いてきましたがなんと115号機と1129号機も回送されています。

そしていづれも既に解体済みというのです。

年末の帰省の際に解体を待つ65達を記録するつもりだったのですが叶わぬ夢となりました。

2070@西芦(115)
2070レ 芦屋-さくら夙川 EOS kissX2 EF70-200mm F2.8L USM

曇りの西芦を行く115号機

後ろスッカラカン逆光編成切れ二色更新と正直消そうかなと考えた一枚ですがまぁ記録程度に掲載します。

8865@八幡篠原(115)
8865レ 篠原-近江八幡 EOS kissX2 TAMRON SP 18-250mm F3.5-6.3

春の近江路を僚機1043号機を従えてゆっくり走る115号機

九チキ9Bと思いきや前三両が空コキだったのでカツカツになってしまいました。

8865@みなくさ(115)
8865レ 瀬田-南草津 EOS kissX2 EF70-200mm F2.8L USM

成長著しい南草津のマンション郡をバックに

115号機は8865レでの撮影が総合的に多いのも特徴です。

まぁそれだけ狙わなかったわけなんですが(笑)


そして1129号機

2073@籾取(1129)
2073レ 甲南山手ー摂津本山 EOS kissX2 EF70-200mm F2.8L USM

1129号機といえば、長らく原色PFがいなかった岡機に彗星の如く現れた下関組の一両でした。

当初は貫通扉上の塗装が省略され、貫通扉のHゴムだけ白いのが1136号機と同じく1129号機の特徴でした。

岡機のPFといえば辛子のイメージが抜け切れなかった私はまだ本格的な撮り鉄をしていない時期でもこの1129号機を認識していたので、それだけ待望の原色PFだったのは間違いないです。

1129号機で忘れられないのは2008年の全検出場でしょう。

IMG_5608.jpg
広車公開

すでに岡機65で全検はないと思われていたあの時期にまさかの全検

広車公開の際にセキの薄い水色ではなく、まるで田端機を思わせるような濃紺の車体に隣の1038号機が霞んだのも懐かしい思い出です。

広車出場後の初の2082レを紅葉真っ盛りのヨシミツで撮影しましたが、あまりの美しさに絶句したものです。

2082@西芦(1129)
2082レ 芦屋-さくら夙川 EOS kissX2 EF70-200mm F2.8L USM

こちらは違う日の2082レを牽引する1129号機の姿

つやつやのお肌でかなり若返ってます(笑)


そんな出来事から早三年が過ぎましたが、残念ながらその延命された命をフル活用することはありませんでした。

両エンド白Hで活躍した1123号機が晩年まで活躍したため、私の中では全検後しばらく経ってからは特に狙うことはありませんでした。

その結果としてバケでは以前紹介した自衛隊チキ送り込みの一枚のみと、やる気の無さが感じられます。



関西九州ブルトレ用として長い間、ブルートレイン牽引に従事してきた1129号機

西日本時代の晩年に私もブルトレでは無いですがキノクニシーサイド時代の下関ふくふく号でお世話になったこともありました。

そしてかの国鉄からJRへ移行した運命の日、旅立ちJR九州号の先頭に立ち、最後の国鉄総裁、故杉浦総裁に見送られた輝かしい経歴の持ち主である1129号機


定期で牽く列車が無い下関の元同僚達が生き残り、定期で運用が残っている貨物の65(当時岡機にいた釜が現在も動いているという意味で)が先に消えてしまうとは皮肉なものです。

元祖転属組として岡機で奮闘して来ましたが、65としては短い約30年の活躍に終止符が打たれました。


この二機に共通して言えることは岡機65が消滅する寸前まで共に走り続けたということでしょう。

おかげで滋賀に来てからもなにかと出会うこともあり、特に終盤の5092レ狙いの時は115号機には振り回されました(笑)


115号機、1129号機、お疲れ様

17.jpg
72レ 住吉-摂津本山 EOS kissX2 EF70-200mm F2.8L
神戸線 コメント:0 トラックバック:-

Column 58-秋から冬へ

2011/12/09(Fri) 20:00
遂に滋賀も寒くなってきました。

毎年のようにあの寒くて暗い冬がやってきます。

1078@ウネアイ(125)
1078レ 有年-相生 EOS kissX2 EF28-80mm F3.5-5.6 USM

11月中旬、青空広がるウネアイを行く100番台

後ろの山は緑は失われていますが、まだ紅くありません。

2084@ヨシミツ(141)
2084レ 吉永-三石 同上

県境が最も色付く11月下旬、最も美しいヨシミツの直線を行く当時はまだ新しかった141号機

ここは本当に素晴らしい撮影地でした。


そして12月初旬

2084@ハシリアガリ(13)
2084レ 三石-上郡 同上

紅葉の時期は本当に短い

まぁもともとハシリアガリはそこまで紅付かないので面影がホントに無いですが(笑)

今年は結局紅葉と鉄道を絡めた撮影はありませんでした。

県境 コメント:2 トラックバック:-

Column 57-ある日の北方

2011/12/06(Tue) 20:00
ある日の北方貨物

以下全て塚本信-吹田信 EOS kissX2 EF70-200mm F2.8L USMでの撮影

大阪から梅田にて阪急で十三へ

そしてそこから十数分歩いて10時30分から撮影を始めました。

雷鳥@北方04
雷鳥回送

最初にやってきたのは今や懐かしの485系雷鳥

しかも簡易貫通の800が先頭のA2編成の登場です。

といってもパノラマ側なので関係ないですが


その十分後

1070@北方(27)
1070レ

これも懐かしくなってしまった吹田のプリンスこと27号機牽引の1070レ

よく見ると被られる寸前だったみたいですね(笑)

そして貨物の音が消えた頃に登場するのは

4002@北方(45)
4002レ

これまた懐かしの45号機牽引の日本海

日本海も春に消えることが決まり寂しいものです。

45号機は結構綺麗だったのですが何かと廃車になってしまった悲運のパーイチ?

そして66三連ちゃんの真ん中の5088レは

5088@北方(30)
5088レ

最後の旧更新として注目を浴びた30号機でした。

個人的にこの塗装よりも新更新の方がよっぽど好きだったり

そして最後は

1050@北方(22)
1050レ

山陽筋のエース列車1050レを牽引してきたのは22号機

三種類の66を見れてしまいました。

この一連の雷鳥から1050レまではなんと40分の出来事

今となっては考えられないですがたった二年前においては普通のことでした。

岡機65だけでなく関西の鉄道全体が激しく動いた数年だったと言えるでしょう。

しかし72レが撮影されてないのは疑問だったのですが、おそらく118号機とかだったので家でユックリ寝てから出撃したものと思われます(笑)

この頃はもうブログも頻繁に書いてなかった時期なので当時の行動を知るよしもありません。

東海道本線 コメント:0 トラックバック:-

Column 56-惜別100号機

2011/12/03(Sat) 22:59
118号機、108号機と立て続けに続いた岡機65の広島送り

なんと一般原色最後の砦であった100号機が遂に広島へと旅立ってしまいました。

75@住吉(100)
75レ 住吉 EOS kissX2 EF70-200mm F2.8L USM

夕刻の住吉を高速で走り去る100号機


晩年の岡機65の0番台の原色は87号機、100号機、103号機、116号機の四機だったのはご存じのとおり

その中でもこの100号機というのは非常に一味違う釜でした。


まず外観では晩年の116号機を除いて原色唯一のPS22

これはおそらく人によって意見が分かれるところでしょう。

また乗務員扉が辛子色だったこともかなり前から岡機を撮影してた方たちにとっては他の釜とは一味違うネタ釜でした。

2082@釜振り(100)
2082レ 芦屋-さくら夙川 EOS kissX2 EF70-200mm F2.8L USM


そしてなんと言っても最後まで残った原色一般として岡機65に興味が無かった人たちにもその目に焼き付けたことでしょう。

8865@瀬田川(100)
8865レ 石山-瀬田 EOS kissX2 TAMRON SP 18-250mm F3.5-6.3

私が最後に100号機の走行写真を撮影したのは2010年4月18日のこの8865レでした。

人身事故の影響で伊吹山から追っかけられたこの一枚こそが100号機との別れになるとはこの時は思いもしなかったでしょう。


100号機に関してはあまりエピソードは無いのですが、岡機65が辛子や三色更新一般であふれていた一前、私にとって岡機のスターと言えばこの100号機でした。

中学生の頃、雨で撮影が出来ないので家で5092レを見送ったとき、やってきたのはPS22の100号機、雨が降ってなければ撮影出来たのにと地団駄を踏んだもの懐かしい話です。

IMG_9653.jpg
岡機 EOS kissX2 TAMRON SP 18-250mm F3.5-6.3

1123号機、114号機に挟まれて岡機で休む100号機

もうこのように"家"で休むことも無いでしょう。

2073@籾取(100)
2073レ 甲南山手-摂津本山 EOS kissX2 EF18-55mm F3.5-5.6IS

青空の下、蒼い釜が阪神間を快走する姿も過去のものになりました。


生まれてきてから40年、一度も岡機を離れなかった100号機(大震災時に新鶴に貸し出しはあり)

遂にその役割を終えることになりました。

お疲れ様

12.jpg
72レ 芦屋-さくら夙川 PENTAX 67Ⅱ 300mm F4 kenko TELEPLUS*2 RVP100 +1
神戸線 コメント:0 トラックバック:-
 Home 

Profile

からし

Author:からし
年齢:あらさー\(^o^)/
生息地:えいとぷりんす
機材:D300s、XQ2
過去、現在、とりあえず撮影したものを載せています。

Clock

Visiter

Recently

Calender

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Month

Categoly

Link