FC2ブログ

今日のあの頃、あの頃の今日

2019 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

Column 56-惜別100号機

2011/12/03(Sat) 22:59
118号機、108号機と立て続けに続いた岡機65の広島送り

なんと一般原色最後の砦であった100号機が遂に広島へと旅立ってしまいました。

75@住吉(100)
75レ 住吉 EOS kissX2 EF70-200mm F2.8L USM

夕刻の住吉を高速で走り去る100号機


晩年の岡機65の0番台の原色は87号機、100号機、103号機、116号機の四機だったのはご存じのとおり

その中でもこの100号機というのは非常に一味違う釜でした。


まず外観では晩年の116号機を除いて原色唯一のPS22

これはおそらく人によって意見が分かれるところでしょう。

また乗務員扉が辛子色だったこともかなり前から岡機を撮影してた方たちにとっては他の釜とは一味違うネタ釜でした。

2082@釜振り(100)
2082レ 芦屋-さくら夙川 EOS kissX2 EF70-200mm F2.8L USM


そしてなんと言っても最後まで残った原色一般として岡機65に興味が無かった人たちにもその目に焼き付けたことでしょう。

8865@瀬田川(100)
8865レ 石山-瀬田 EOS kissX2 TAMRON SP 18-250mm F3.5-6.3

私が最後に100号機の走行写真を撮影したのは2010年4月18日のこの8865レでした。

人身事故の影響で伊吹山から追っかけられたこの一枚こそが100号機との別れになるとはこの時は思いもしなかったでしょう。


100号機に関してはあまりエピソードは無いのですが、岡機65が辛子や三色更新一般であふれていた一前、私にとって岡機のスターと言えばこの100号機でした。

中学生の頃、雨で撮影が出来ないので家で5092レを見送ったとき、やってきたのはPS22の100号機、雨が降ってなければ撮影出来たのにと地団駄を踏んだもの懐かしい話です。

IMG_9653.jpg
岡機 EOS kissX2 TAMRON SP 18-250mm F3.5-6.3

1123号機、114号機に挟まれて岡機で休む100号機

もうこのように"家"で休むことも無いでしょう。

2073@籾取(100)
2073レ 甲南山手-摂津本山 EOS kissX2 EF18-55mm F3.5-5.6IS

青空の下、蒼い釜が阪神間を快走する姿も過去のものになりました。


生まれてきてから40年、一度も岡機を離れなかった100号機(大震災時に新鶴に貸し出しはあり)

遂にその役割を終えることになりました。

お疲れ様

12.jpg
72レ 芦屋-さくら夙川 PENTAX 67Ⅱ 300mm F4 kenko TELEPLUS*2 RVP100 +1
神戸線 コメント:0 トラックバック:-
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Next Home  Prev

Profile

からし

Author:からし
年齢:あらさー\(^o^)/
生息地:えいとぷりんす
機材:D300s、XQ2
過去、現在、とりあえず撮影したものを載せています。

Clock

Visiter

Recently

Calender

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Month

Categoly

Link